ウォーキング時のかかとの踏み方

こんにちは

ランウェイウォーキングスペシャリストの

エリーです。

今回はウォーキング時の

かかとの乗り方と重要性についてお話しします。

スバリ。歩くときにまず大切なのが

かかとの真ん中に乗ることです。

踵骨(かかとの骨)の上には

距骨(かなり特殊な骨)、

脛骨(すね)、腓骨が乗ります。

なので一番下の踵骨が曲がってしまうと

その上の骨たちもバランスと取ろうとして

捻ったり、倒れたりします!

見た目は?

ピンヒールを履いたときに

ヒールとアキレス腱がくの字

曲がって立つことになります。

綺麗ではないですね。

ご自身もとても歩いにくいなぁと感じているわけです。

直そうと思っても

余計にバランスが取りずらくなり、

迷宮に入ります。

そうそう

ある特定のパンプスを履いたら

ヒールにまっすぐ立つことができない

という方も同じです。

ではでは対処法です

まずは裸足で

かかとを真上から踏んで歩いてみましょう。

いつもとは違う感じがあると思います。

同時に膝の向きを考えなくてはなりません。

膝は常につま先方向に!

さぁ大変なことになってきました。

これらに耐えるためには

体幹がしっかりしていて、

腹筋、臀筋を参加させましょう。

まっすぐ踏めるようになりましたら

パンプスで歩いてみましょう

いっぱい練習してみてください。

なんとなく自信がない方や、

確認して欲しい方は

動画診断をお受けくださいね

こちらからどうぞ。

愛する皆様へ

Elly Suwa