大阪の「踊りやすいカラダを作る」WS 第2回

大阪にてダンサーのためのWS、

「軸を見つけ保つ、脊柱を滑らかに使う、肩関節の可動域を知る」

を開催させていただきました。

 

筋肉のバランストレーニングはしっかりやっていただき、

いざ表現する時には開放して自由に踊れるように

プログラムを組みました。

 

・ご自身のカラダの細部まで意識を使い、繊細な表現ができるように。

・回転の仕方を分析して、練習。

・回転時の首の使い方

・回転時の肩甲帯の使い方

・回転時の骨盤との脚の位置、

・回転前のバランス位置の確認

 

盛りだくさんの内容となりましたね。

 

以下は大阪WSに参加してくださったAoi Masudaさんの感想blogです

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

連続ですが、土曜日は先程の体型分類の後、

寿羽エリーさんによる

「ダンサーのための踊りやすいカラダを作るWS」@大阪

に参加してきました

毎回、エリーさんのWSは

内容がグググっと詰まっているのですが

 

前回のWS終了後、エリーさんがこんなことを言ってました

「舞台とは裸よりも恥ずかしい」

ひゃーーーー名言出ました!

って、

これはダンサーであったエリーさんが言うから

カッコイイわけなんですけどね

あたしが、言ってもただただ踊りに自信のない子です ぷぷぷ

 

そんな名言を言うエリーさんには

それを言うだけの経験をお持ちなのです

 

今回、ヒールを最後に履いて歩いたり、

ちょっぴり踊ってみたんです

エリーさんの指導ですが、

教え方で、「初めて聞いたよ!その表現」

ってものがありました

 

どうしても、教え方って

表現などが似たり寄ったりするものがあるのですが

そうじゃない感じでキターーーーっ!!!!

 

それが、私にはフィットして
あーーーーーーもっと早くから

こういうの知りたかったよっ!ていうものばかり

 

エリーさんはですね、

身体の構造が入っている&ダンサー

としての経験があるので

私にとっては二倍美味しいWSなんです

これは、ダンスの指導者やピラティス、パーソナル指導者にも

もっと参加していただきたかった

 

そして、私が趣味でやってるサルサの方達にも

ホントはもっと沢山の方に来てもらいたかった

 

わたしのこの表現じゃ

伝わらないのかもしれないけれど

エリーさん体操(すいません勝手に名前付けて、しかもフツーで 笑)

を取り入れていくと

身体に変化、

ダンスに変化が

表れるに違いないと思ってます!

 

わたしには、こうやってイロイロ学びの場が与えられ、

尊敬できる方がいて

本当にシアワセだなと思います

 

“When you learn, teach, when you get, give.”

「学んだときは教えなさい。手に入れたときは与えなさい」
 

アオイ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

アオイさんは兵庫県の芦屋で美尻とヨガのサロンを主宰されています

アオイさんのHP

 

 

次回は各振りの完成度を上げるWSを企画しようかしら。

ご参加くださいました皆様ありがとうございました。

エリー

 

NATURAXIS スキルアップWS HP: こちら

スキルアップWS・一般WS
お問い合わせ・ご予約  :こちら

表参道・小平パーソナル
お問い合わせ・体験ご予約 :こちら

 

Bodywork salon NATURAXISナチュラクシス
東京都渋谷区神宮前5-6-13 B1-C Fleurir内
080-5449-3137
open10:00~19:00 weekend10:00~16:00

☎︎ 080-5449-3137
📧 info@naturaxis.jp